男性ホルモンとは何か?

ホルモンと一口に言ってもホルモンにはいろいろな種類があります。

 

それらホルモンはすべて私たちの体の中で生体を維持するために日夜活躍してくれているのですが、その活躍の反面実は弊害もあるんです。

 

そしてそんな弊害が多いことで知られているのが男性ホルモンです。

 

そんなわけもあり、男性ホルモンを減らす方法について書かれているページも沢山あります。つまり、男性ホルモンを減らすことは、人々の関心の高い話題なのでしょう。

 

そこで、今回はまず男性ホルモンを減らすためのあれやこれやの前に、男性ホルモンとは一体どんなものなのか、どんな働きがあるのかについてお話をしていこうと思います。

 

まず男性ホルモンとは、別名『アンドロゲン』と呼ばれていて、ステロイドという体内に分泌されている物質のうち一つです。

 

そしてそのアンドロゲン(男性ホルモン)のなかにはテストステロン、ジヒドロテストステロン、アンドロステロン、デヒドロエピアンドロステロンなどがあります。これらを総称してアンドロゲン、つまり男性ホルモンと言うのです。

 

ちなみに男性ホルモンとは男性にだけ分泌されているホルモンだと思われている方も多いようですが、それは間違いです。名前に『男性』と付いているのですから勘違いをするのも仕方がないのですが、男性ホルモンは女性の体の中にも分泌されています。

 

そして同時に男性の体の中にも女性ホルモンは分泌されていて、要は男性体を作る場合男性ホルモンの分泌量が多くなる、という分泌量の配分の問題ですね。

 

そして男性ホルモンの影響ですが、これは男性の体への影響と女性への体の影響、性差によって違いますので次のお話で別々に書いていこうと思います。