男性ホルモン抑制治療

男性ホルモンの分泌異常や、男性だけが発症する特有の病気になってしまった場合、男性ホルモンを抑制する治療を行うことになるケースは少なくありません。

 

男性特有の病気というと前立腺疾患、例えば前立腺がんがあります。これらは体内で分泌されている男性ホルモンに影響され、がん細胞が増殖してしまう危険性があることから男性ホルモン抑制治療を行うことになります。

 

しかし、ホルモン療法は非常に難しい療法です。女性ホルモンを投与し男性ホルモンの量を減らすにしても、薬剤を使用して量を制限するのですから、体への影響はとても大きなものです。

 

そのため、ホルモン療法は医師の元でしか行われません。ホルモンそのものが一般に流通しているような薬剤のように使用されることはないのです。

 

それにホルモン療法は、ホルモン濃度をどのくらいに設定するか非常にデリケートな診断が必要になります。ホルモンを投与するにしても薬剤を投与するにしても急激な変化は体に悪影響ですのでゆっくりと少しずつ投与を行います。ゆっくりと時間をかけホルモンを体に慣れさせ、望んだ結果を得るべく量のバランスをとっていくのです。

 

ちなみに男性ホルモン抑制治療では、多く行われる方法は抗男性ホルモン剤や女性ホルモンの投与(注射を使った投与です)ですが、症状や病気の種類によっては精巣を摘出する場合もあります。男性ホルモンは生殖器官から分泌されますので、生殖器官を摘出することで男性ホルモンの量の低下を図るのです。

 

女性らしい魅力的なボディになりたいなどで女性ホルモンを増やしたい方の場合におすすめしたいのが、薬などでなく比較的安全性の高いサプリメントです。

 

サプリメントなら病院に行かずに手軽に手に入れることができます。しっかりとしたサプリメントさえ選べば効果も出やすくなります。そういうわけで、おすすめのサプリメントを最後にご紹介しておきたいと思います。