男性ホルモンの分泌量が増えると男はどうなるのか?

男性ホルモンが男性の体にどんな影響を及ぼしているかご存知でしょうか。

 

まず男性の体では当たり前ですが男性ホルモンの量が優位に立っています。男性にも女性ホルモンの分泌も行われていますが、何か問題が無い限り量は男性ホルモンよりも少ないです。

 

そして男性ホルモンの分泌されている場所ですが、それは睾丸、副腎です。

 

そこで疑問に感じることがありますよね。睾丸のない女性の体ではどうやって男性ホルモンを分泌させているのか、ということです。余談になりますが女性の体では男性ホルモンは卵巣から作られているのです。ちょっと驚きですね。

 

では本題に戻ります。睾丸や副腎から分泌された男性ホルモンは体内を巡り、いろいろな影響を与えます。その代表的なものが『体のライン』です。男性らしい筋肉がしっかりついた体のライン、これは男性ホルモンによってかなえられているのです。

 

反対に女性ホルモンが増えるとバストが大きくなり女性らしい丸みを帯びたやわらかい体のラインになります。少し話はそれますが、バストが大きくなりたい人は女性ホルモンとよく似た働きをするプエラリアサプリメントやプエラリアクリームなどを使用したりします。しかし、プエラリアには副作用があると言われており、プエラリアを含まないラシュシュのようなバストアップクリームも売られています。

 

さて、話を男性ホルモンにもとにもどします。

ちなみに男性ホルモンは「たんぱく質を筋肉へと変換させる働きをサポート」しているので、男性ホルモンがしっかりと分泌されていたらよりかっちりとした筋肉を作ることができているはずですね。

 

後は体毛です。髪の毛や脛(すね)、腕などの「無駄毛の発育の促進」や「皮脂の分泌を活発化」させる、という働きもあります。体毛については分泌量によって弊害が発生する場合もありますし、皮脂は分泌が過剰になりすぎると吹き出物の原因にもなりますので一長一短かもしれませんね。

 

そしてさらに「性欲を高める」働きもあります。子孫をつなぐ役目を果たすためには男性ホルモンの分泌量は非常に大事ですね。